「ハロウィン」衣装の移り変わり

「ハロウィン」衣装の移り変わり

定番はお化けの仮装

仮装パーティーのひとつ「ハロウィンパーティー」
近年、その人気は徐々に上がっており、年々盛り上がっています。

欧米は子供たちがお化けの仮装(コスプレ)をして家々を訪ねてお菓子を貰うのが通例となっています。
日本ではあまり馴染みのない文化ということもあって、お菓子を貰うために各家を訪れるということをしている地域は少ないです。

ですが、ハロウィンパーティーを切っ掛けに仮装をする人は増えてきており、個性的な衣装も増え続けています。

今回はハロウィンの仮装についてもう少し詳しく見て行きましょう。

衣装の移り変わり

ホラー作品

ハロウィンの仮装の定番といえば魔女やドラキュラ、狼男、フランケンシュタイン、ミイラ男が定番となっています。
ハロウィンが流行り始めた当初は民間で伝承されているお化けなどが主流でしたが、次第にホラー小説やホラー映画に登場する怪物が主流になっていきました。

20世紀後半

20世紀後半になると色々なアレンジが加わっていき、アイアンマンやスパイダーマン、バットマンといった人気コミックキャラクターやディズニーキャラクターやゲームキャラクターの仮装をする人々が増えてきました。
子供たちが怖がるホラー作品などよりも子供たちが喜ぶヒーローやキャラクターが仮装の対象として注目されてきたのです。

定義の拡大

近年では、子供を出迎える大人たちも仮装を行うようになっていき、大人同士で仮装パーティーを催すこともふえました。
大人になると仮装の定義が更に拡大され、看護師やメイド、騎士や著名人の仮装に変化していきました。
そのため、ハロウィンは子供たちだけでなく大人も楽しめるイベントに変化していったのです。

近年では技術が進んだこともあって、特殊メイクを自分達の顔や身体に施してハロウィンパーティーやイベントに参加する人々や、日本の著名人も仮装する機会が増えたことで日本でも注目を集めるようになっていきました。

品質の向上

ドン・キホーテやパーティーグッズを扱うショップはもちろん、ホームセンターでも仮装衣装を扱うところが増えてきており、以前は販売されている衣装はどこも似たり寄ったりだったのに対し、バリエーションが年々増えてきています。

以前は低価格だけど、品質はあまり良いとはいえなかった衣装が多かったのですが、最近では品質も向上したこともあって、9月後半から10月にかけてハロウィン用の衣装の売れ行きは伸び続けているそうです。

アレンジ

ホームセンターや量販店などで衣装が販売されるようになると、次第に衣装もバリエーションが増えてきました。
手頃に購入できるということもあって売れ行きは好調で、衣装もそれぞれのメーカーごとにアレンジされたものも登場し始めました。

基本的には女性向けの衣装が人気があるため、そちらに力を入れつつ、男性向けや子供向けのアレンジ衣装も増えてきています。

一方で着ぐるみ系はコストや維持費の面であまり人気は高くなく、減少傾向にあります。

小物

近年では仮装用の小物も充実してきています。
特に血糊ドラキュラの牙などが人気で、100円ショップでも販売されるようになってきました。

血糊は手軽にホラー感を演出できるため、男女問わず人気のグッズです。
直ぐに取れてしまうドラキュラの牙も改善されてきており、マウスピースタイプのものから歯に直接被せるものまで様々。
中には歯科用の素材を使った本格的なグッズも販売されています。

このように小物類も地味ながら進化しています。

メイクでハロウィン

ハロウィンといえば”仮装”というイメージですが、近年ではメイクネイルアート少しだけハロウィンを演出している女性も増えてきています。
簡単なものであれば自分たちでできますし、凝ったネイルアートならネイルサロンで行なってくれます。

仮装までは恥ずかしいけど、少しだけハロウィンっぽさを演出してみたいという人はこういったところから入っても良いでしょう。

メイクアップの動画もハロウィンの時期になると増えてくるので、それらを参考にメイクをしてみるてはどうでしょう?
新着TALKS
F3_H1y_C1
pooolさん
2017/12/25readmore
F3_H2br_C2
お名前さん
2017/12/17readmore
F2_H2br_C2w
遠田 久素絵さん
2017/12/16readmore
F1_H1y_C3
新規野新規さん
2017/12/12readmore

page top