クリスマスに食べる料理は「フライドチキン」だけじゃない!?日本人だけが食べる習慣のある、アンナモノやコンナモノ

クリスマスの○○○は日本だけ?

クリスマス料理といえば

クリスマスといえば、クリスマスツリー、サンタさんからのプレゼントなどを連想します。
料理でいえばクリスマスケーキにフライドチキン、七面鳥の丸焼き、ローストビーフ、ピザなどが思いつくと思います。
人によっては豪華なお寿司を食べたりするようです。

実は、この中に“クリスマスに食べるのは日本だけ”という料理があります。

海外にはない日本だけのクリスマス文化

フライドチキン

フライドチキン クリスマスといえば色々な料理が思いつきますが、実は海外ではクリスマスに「フライドチキン」を食べません。
例えばアメリカでは、「七面鳥の丸焼き」を家族みんなで食べます。
昔はケンタッキー・フライド・チキンかスーパー位でしかフライドチキンを販売していませんでした。
近年ではクリスマスにフライドチキンを押すコンビニが増えてきており、日本では“クリスマスはフライドチキンを食べる”という習慣が更に根付いてきました。

一方アメリカでは、フライドチキンはジャンクフードに入り、クリスマスには相応しくないと考えられています。
そのため、敬虔なキリスト教徒の多いアメリカのママさんたちは張り切って七面鳥の丸焼きやパイなど料理を作ります。

なぜフライドチキン?

ケンタッキー 元々は1974年に日本ケンタッキー・フライド・チキン(KFCJ)がスタートさせたキャンペーンでした。
外国人のお客さんがケンタッキー青山店に訪れた際に「クリスマスパーティーを開くのだが、日本では七面鳥が手に入らないためフライドチキンを食べる。」といったのをきっかけに「ケンタッキーでクリスマス」というキャンペーンが確立されました。

このキャンペーンが開催された当時、クリスマスはケーキとプレゼントしかありませんでしたが、新たに鶏肉を食べるという習慣を定着させることに成功しました。

また、日本では大型のオーブンがある家庭は少なく、フライドチキンがジャンクフードという認識もあまりありません。
そのため、日本だけの独立した文化にまで成長したようです。

アメリカで七面鳥を食べる理由

七面鳥 アメリカでクリスマスに七面鳥の丸焼きを食べるのは、実はキリスト教に関係するものではありません。
アメリカ建国時代の苦労をしのび、感謝の意味を込めて、アメリカの家庭では七面鳥の丸焼きを食べるのです。
17世紀頃に、ヨーロッパからアメリカへ向かった移住民たちは七面鳥捕まえて食べて、飢えを凌いでいました。
インディアン(ネイティブアメリカン)からも七面鳥を提供され、そのお礼として、収穫した食べ物を渡していたことに由来します。

以来、日本の紅白饅頭のように“縁起物”として感謝祭やクリスマス、結婚式などの祝いの席で提供されるようになりました。

ピザも日本だけ

ピザ アメリカでは「ピザはサラダ」と言う位ピザを食べる人が多いです。(※さすがにこれには疑問視している人もいます。)
日本では普段あまり食べる機会は少ないですが、日本ではパーティーやイベント、ファミレスや宅配ピザなどでピザを食べます。

また、1人でピザを1枚を丸々食べる機会も少ないため、どこか特別感がありますよね。

そんなピザですが、特にクリスマスの時期は宅配ピザも大忙しで、配達用バイクが足りない時もあるようです。
配達用バイクが足りなくなるクリスマスの時期限定で、店舗によってはアルバイトの通勤用のスクーターの荷台(キャリア)にピザを載せて配達をするのだとか。

通常、保温プレートにピザを載せて配達をするのですが、クリスマス時期ばかりはある程度まとめて配達しないと間に合わないため、どうしても冷めてしまうそうです。
こればかりは仕方ないですね。

アメリカでは安価でボリュームのあるピザはジャンクフードとして親しまれています。
そのため、クリスマスにピザを食べる家庭はほとんどなく、他の国ではあまりピザを食べません。
クリスマスにピザを食べるのも日本だけのようです。

ちなみに「ピザ」はアメリカ風にアレンジされたもので、「ピッツァ」はイタリア本来の料理で、石窯の上で焼き上げたものを指します。

クリスマスケーキも日本だけ

クリスマスケーキ クリスマスイヴは、どこの家庭でも「クリスマスケーキ」を食べていることでしょう。
実はこのクリスマスケーキを食べるという習慣は、日本だけなのです。
1922年に不二家が初めて販売し、広めたとされています。
また、クリスマスケーキにロウソクを灯すのも日本だけなようです。

例えば、フランスでは丸太を思わせる「ビュッシュ・ド・ノエル」、ドイツでは甘い大きな菓子パン「シュトレン(シュトーレン)」、イギリスではドライフルーツを使用した「クリスマスプディング」が食べられています。
そのどれにもロウソクを灯すことはありません。

バレンタイン・ホワイトデーと続いて、クリスマスも。
お菓子業界の商魂の逞しさには目を見張るものがありますね。

なぜイチゴのショートケーキ?

ショートケーキ クリスマスケーキといえば、誰もが「イチゴのショートケーキ」を連想すると思います。
では、なぜイチゴのショートケーキなのでしょうか?
実はこれもケーキ業界のイメージ戦略のひとつで、真っ白な生クリームを雪に見立て、イチゴをサンタクロースとして表しています。
サンタクロースの砂糖菓子が付いたケーキもありますね。

そして、クリスマスケーキのイチゴは、甘い生クリームとバランスを取るために通常のイチゴよりも酸味が強くなっています。
クリスマスの時期には酸味の強いイチゴの需要が高まるために価格が上がり、大粒で甘いイチゴは価格が下がります。
しかし、クリスマスが終わると逆に価格が逆転するそうです。

甘いイチゴが好きな人はクリスマスシーズンにスーパーなどで購入しても良いでしょう。

また、紅白カラーは日本では縁起物とされているので、日本人にはとても相性が良いのです。

クリスマスは恋人と過ごす日?

カップル 日本では多くのカップルがロマンチックな聖夜を過ごすと言われているクリスマス。
また、多くのカップルがお互いにプレゼントを交換したりするのではないでしょうか。

しかし、それすらも日本だけで、アメリカなどの海外では家族と過ごす日となっています。
そのため、カップルで過ごすと聞くとむしろ「かわいそう」「家庭に何か問題を抱えているのか?」とまで思われるようです。
また、日本ではお正月は家族と過ごしますが、反対に海外では友達や恋人と過ごすことが多いようです。
このように、一緒に過ごす相手の違いも日本ならではの文化なのです。

プレゼントは1人につき1個だけ

プレゼント 子供の頃にクリスマスにプレゼントを貰っていた人は大体が1人につき1個で、複数貰えることは滅多にありませんでしたよね?
日本では恋人や友達同士でプレゼントを交換することはあっても家族間で交換することはないため、大人になってからクリスマスにプレゼントを貰う人は限られています。
海外ではクリスマスは家族や親戚と過ごす大切な日なので、たくさんのプレゼントがクリスマスに用意されます。
そのため、大人でもプレゼントを貰うことがあります。

日本の場合は、家庭事情もありますが家族・親戚で集まる時期はお盆か正月なのでたくさんのプレゼントを貰える日はほどんどありません。
ですが、日本の子供たちは正月に家族・親戚から“お年玉”が貰えます。

といっても大抵の場合は両親によって貯金に回されるので、自分で使うことはほとんどありません。
お年玉を貰った記憶はあっても、使った記憶が無いという人もいるのでは?
そう考えると海外のクリスマスの方が子供にとっては嬉しいかもしれませんね。

近年では七面鳥の販売も

ハロウィン 近年では日本国内のハロウィンの様子が海外でも注目されており、クリスマスにはフライドチキンを食べるという独自の文化に注目が集まっています。
私達にとっては当たり前の文化でも、海外で話題になって初めて本来の意味とは違っていたことは少なくなく、面白いですね。
この文化の違いを知ったからか、七面鳥を販売するスーパーも増えてきており、より本格的なクリスマスを楽しめるようになってきました。

商業が盛んな国

色々と日本独自のクリスマスの過ごし方を紹介しましたが、そのどれもが実は商業に関係するものばかりということに気付いたでしょうか?
悪くいえば、企業のビジネスに踊らされている状態にあると言えます。

しかし、地域のお祭りなどは自然や神仏に感謝する意味合いもありますが、地域の活性化にも繋がるためどこも積極的に行なっています。
クリスマスやバレンタインデーなどのイベントもその延長線上にあると考えれば、存外悪いものでもないと思えるのでは?

現在の日本は不景気・不況と叫ばれてから久しく、全国的に盛り上がる機会というのは少ないです。
そういった意味でも前向きになれるイベントは、日本を明るくする良い切っ掛けになるかもしれません。
新着TALKS
F3_H1y_C1
pooolさん
2017/12/25readmore
F3_H2br_C2
お名前さん
2017/12/17readmore
F2_H2br_C2w
遠田 久素絵さん
2017/12/16readmore
F1_H1y_C3
新規野新規さん
2017/12/12readmore

page top