ハロウィンの日の言い伝え

ハロウィンの日の言い伝え

子ども達の大晦日

昔から様々な場所で親しまれている「ハロウィン」
元々は古代ケルト民族の祭りが起源と言われており、10月31日は1年の終わりと定められていました。
また、ハロウィンの日は悪霊が悪事を働く日として古代ケルト人は様々な対策を行なった日でもありました。

一方アメリカでは、“子ども達の大晦日”と言われているほど毎年大盛り上がりで、メディアにも毎年のように登場します。
日本でも年々盛り上がってきていますね。

そんなハロウィンですが、様々な言い伝えがあることがご存知でしょうか?

ハロウィンの伝承

アイルランド

アイルランドでは、ハロウィンの日には死者が悪魔、魔女、幽霊、妖怪、黒猫などになって、地上に現れては危害を加えると信じられていました。
そんな彼らから身を守るため、人々は丘の頂上に焚火をし、その火で松明を灯し、丘を下りて自宅で過ごしていました。
次第にこのような習慣はすたれ、焚き火の代わりにロウソクを用いるようになりました。
ニレ、ハシバミ、ヒイラギなどの植物も、悪魔を追い払ってくれる護符変わりに使用されていたようです。

 

スコットランド

スコットランドでは、アイルランドの伝承に加え、他の伝承も存在します。
人間界に来た魔女はハロウィンの夜、魔女は魔法の杖をベッドに置いて、黒猫に付き添われて煙突から抜け出し、ほうきの柄にまたがって空へ飛んで行く、と信じられていました。
そして、空が箒の柄にのった魔女で埋めつくされるそうです。

ハロウィンの日に魔女の仮装をするのには、こういった理由もあるようです。

ハロウィンの言い伝え

夜の畑

ハロウィンの日の夜、若者が畑に向かいながら種か灰をまいて歩いて行くと、その後について来る若い娘がいたらその娘が将来の花嫁となるという言い伝えがあります。
イギリスの言い伝えで、畑の少ない都心では試すのは難しそうですね。
もし出来たとしても、深夜に後ろから人がついて来たら怖いかも。

りんご

ハロウィンの日の真夜中にりんごを食べます。
りんごを食べた後は決して後ろを振り向いてはいけません。
その状態で鏡を覗き込むと、そこには将来結婚するであろう人の姿が鏡に映し出されるそうです。

ハロウィンの夜に、若い娘がをT字形に脱いで、後ろ向きの状態で歌を口ずさみながら誰とも一言も口をきかずにベッドに入ります。
すると、夢の中で将来の夫になる男性と出会えるそうです。

土・草

アメリカのペンシルバニア州では、ハロウィンの日に、後ろ向きになって家の外に出て、後手でをつかみ、それを紙袋に入れます。
そして、それを枕の下に入れて眠ると、その晩に自分の将来について夢を見ることができると言い伝えられています。

これに似たような習慣が他にもあり、未婚の女性は、結婚式のケーキを枕の下に入れて眠ると未来の夫の夢を見ることができるという言い伝えもあります。
ただ、ケーキを枕の下に入れるというのは中々ハードルが高いですね。
ビニール袋に入れても、寝てしまうと必ず潰れてしまう訳ですから。

目玉焼き

アメリカのメリーランド州では、ハロウィンの夜に未婚の女性がストーブの上で目玉焼きを作って、窓と戸口を大きく開けておきます。
すると、将来彼女の夫となる男性が現れてその目玉焼きをひっくり返すといわれています。

こちらも若い女性が結婚にあこがれる気持ちから、未来の夫を占う方法のひとつ。

こうした占いは地方だけでなく様々な国に多く残っています。
ハロウィンの夜には神秘的な空気が漂うということもあって、この日を選んで行われる占いが多数残っています。

1年に1日だけ

どれも“ハロウィンの夜”が重要な要素になっており、1年に1日しか挑戦できません。
そのため、ほとんど人はこれらの言い伝えを忘れて、挑戦しないままハロウィンを過ごしてしまうでしょうね。

いわゆる都市伝説に近いものですが、怖いものではなく、どこかロマンがある言い伝えになっています。

どことなく七夕の日の願い事や、流れ星に向かって3回願い事を言うという言い伝えに似たものを感じます。

もし、ハロウィンの日の夜、これらの言い伝えを覚えていたら挑戦してみては?
【関連タグ】 | | |
新着TALKS
F3_H1y_C1
pooolさん
2017/12/25readmore
F3_H2br_C2
お名前さん
2017/12/17readmore
F2_H2br_C2w
遠田 久素絵さん
2017/12/16readmore
F1_H1y_C3
新規野新規さん
2017/12/12readmore

page top