東京パーティーイベント情報マガジン

東京のパーティー・イベント・街コン・社会人サークル・友達作り・異業種交流会ならハッピースマイルパーティー

facebookmixiameblotwitter

パーティーの雰囲気作りに役立つ『シャンデリア』の歴史

パーティーコラム2014/12/26
シャンデリア パーティーの雰囲気作りに役立つ『シャンデリア』の歴史

パーティーに欠かせないもののひとつ

パーティーを開催する際に欠かせないもの、それは、料理とドリンクです☆
そして、会場の雰囲気作りも大事です♪

パーティー会場の雰囲気をつくる上で重要になってくるのは、建物の外観や内装はもちろんですが、照明も重要になってきます。

映画やドラマに登場するパーティー会場や高級ホテルなどでは多くの照明が使用されています。
そこで必ずと言っていいほど登場する照明に『シャンデリア』があります。

シャンデリアは照明の中でも大きい部類に入り、様々な装飾が施された、華やかな照明です♪

パーティーは夜に開催されることが多く、照明は雰囲気作りをする上で重要になってきます。
あまりに会場が暗いと他の参加者の顔や表情が見えなくなるので不安になってしまいますよね。

このように『HAPPY SMILE PARTY』では、会場の雰囲気も重視して会場を選んでいます☆

今回はこの雰囲気作りにも非常に役立っている『シャンデリア』の歴史について。

シャンデリアの歴史

紀元前ギリシャ、ローマ時代
当時、照明用の光源であるロウソク高価な消耗品だったので宮殿や寺院といった、一部の建築空間の照明に使われてきました。

11世紀の初期に建てられた宮殿や寺院は石造りで高天井なので、火の光を点けて、ある程度明るくするには多灯にする必要がありました。
そこで、天井から吊り下げる多灯用器具の総称を『シャンデリア』と呼ぶようになりました。

中世に入るとヨーロッパでは宗教が盛んになり、教会や寺院に集う多くの人々に火の光を感じてもらうためにシャンデリアが使用されました。

海外の大きな教会などでシャンデリアをよく見かけるのにはこのような理由あったのです☆

シャンデリアは特別な階級にいる人たちのための照明でしたので、一般市民には手の届かない存在でした。

中世以降、シャンデリアの進歩は目覚しく、時代の移り変わりと共にデザインも変化していきました。
時代によってロマネスク風やルネッサンス風、日本ではマリアテレジア風と、言われる形状が人気です♪

自宅に設置するには

光散乱性の高い反射性ガラスを使用したシャンデリアは日本でも人気が高く、比較的安価で購入できます☆

近年では『シャンデリア型LED電球』が注目されています。
輝きの美しさを楽しむ目的で開発されているため、あまり明るくはありませんが、温かい光で雰囲気作りに重宝されています♪

自宅にシャンデリアを設置する場合、小型のものであればホームセンターや家電量販店、家具屋などで販売されています。
引掛シーリングやローゼットに直接取り付けることで簡単に自宅にシャンデリアを設置できます。

ただ、大型のシャンデリアや天井の板の強度が低い部屋に設置となると大規模な改修工事を必要とします。

電気代は?

シャンデリアを設置するにあたって気になるのが電気代。
シャンデリアは電球を複数取り付けるので、W数と灯数の数を計算することで消費電力が分かります。

大体は通常の蛍光灯照明器具の倍位の電力消費になります。

ですが、LEDタイプのシャンデリアなら電気代は安く済みます。
ただ、電球タイプに比べると光り方が弱く物足りなさも感じます。

好みの方を選んでみてください。

価格は?

自宅にシャンデリアを設置する場合、低価格なもので大体5,000円~15,000円程度で購入することができます。
もちろん価格が高いほど豪華になり、照明も増えるため明るくなります。
使用する電気代や重さも増えますが…。

お部屋の広さや天井の強度なども踏まえて検討しましょう。

DIYで作る

人によってはDIYでシャンデリアを作る人もいます。
例えば、ガラスジャーの蓋に釘で丸く穴を空けて、そこにソケットを通します。
後はソケットに電球を取り付けて、ガラスジャーを締めるだけ。
これを複数作って吊るすと簡単にシャンデリアを作ることができます。

他にも100円ショップで販売されているサークルラックに、LEDキャンドルや仏具ロウソクをカゴで吊るせるようにするだけのお手軽シャンデリアなどもあります。

雰囲気作りに

いかがでしたでしょうか?
まさか、大昔ではロウソクは高価なものだったとは思いませんでしたね。

現在の日本では電気が普及し、蛍光灯LED電球を日常的に使用しているので、ロウソクを使う機会は滅多にありません。
火事の心配もありますからね。

もし、ご自宅でパーティーを開催するのなら『シャンデリア』を設置してみてはいかがでしょうか?

パーティ会場案内

page top