ホワイトデーの由来とは?

ホワイトデーの由来とは?

3月14日は?

3月14日、ホワイトデーは男性がバレンタインデーのお返しに贈り物をする日です。
この習慣は、日本と一部のアジアだけの習慣ということは知られてきています。

元々バレンタインデーは海外発祥ということは有名ですが、ホワイトデーの由来を知っている人は意外と少ないです。

そこで、ここではホワイトデーの由来を紹介します。

ホワイトデーの由来

バレンタインデーは、キリスト教の聖職者ウァレンティヌスが殉教した日として有名です。
殉教の理由は、ローマ皇帝クラウディウスが兵士達の結婚を禁止し、ウァレンティヌスはそれを非人道的だとして、秘密裏に兵士と女性の結婚式を執り行っていました。
ですが、その事が判明してしまい、ウァレンティヌスは投獄、その後処刑されました。

その1ヶ月後の3月14日に、恋人たちが改めて結婚式を行ったというエピソードが基になっていると言われています。

日本のお菓子業界

日本が発祥と言われている「ホワイトデー」は、実は歴史が浅いものです。
全国飴菓子工業協同組合(全飴協)が1980年(昭和55年)にバレンタインデーのエピソードを基に3月14日をホワイトデーと定めたのが始まりと言われています。

福岡の老舗菓子屋「石村萬盛堂」は、バレンタインチョコのお返しに「君からもらったチョコレートを僕の優しさ(マシュマロ)で包んでお返しするよ」というキャッチフレーズで「チョコマシュマロ」を売り出しました。
それを切っ掛けに、クッキーやキャンディといったお菓子を3月14日に発売する菓子店が続出したようです。

1番古いものだと1973年(昭和48年)に不二家とエイワが協力し、バレンタインデーのお返しにお菓子を贈ろうという『メルシーバレンタイン』キャンペーンを開催したとの記録があります。

なぜ白いイメージ?

“白には「幸福を呼ぶ」「縁起が良い」という意味がある”ということで、バレンタインデーの1ヶ月後をホワイトデーと呼ぶことになりました。

昔から、“紅白”は縁起ものとして知られており、バレンタインデーを“紅”とすると、自然ともうひとつの方は“白”になったのではないでしょうか。

“白”は幸運を告げる色

例えば、白いウサギやハト、フウロウ、白ネコは幸運の象徴として日本でも広く知られています。
変わったところでは白いヤモリ、白いクモなどがあります。

ヤモリは「家を守る」と書いて“ヤモリ”と読み、家の守り神として昔から崇められています。
その白いヤモリは“神の遣い”として古来から人気があり、その姿を見た人は宝クジに当たったというエピソードも多く見られます。

次に白いクモは実物をみるのではなく、夢でその姿を見ると仕事や金運に恵まれるといった幸運に出会える前兆と言われています。
他にも赤いクモは、運命の出会いや恋愛における幸運。
黒い蜘蛛は、トラブルが解決するといった意味があります。

白い動物は神の使い

上記でも紹介したように白い動物は”神の遣い”として古来より崇められています。
例えば、白ヘビは日本では非常に大事にされており、その脱皮した後の「抜け殻」には金運・開運を運んでくれるとのこと。

白ヘビを祀った神社は全国に数多く存在し、どこも金運アップに繋がると言われています。

また、春日大社・鹿島神宮・厳島神社では白鹿も神の遣いとして信仰されています。
この信仰は「武甕槌命(タケミカヅチノミコト)」がこの白鹿に乗って奈良に来たことに始まります。

そして白いフクロウは日本だけでなく、世界各国で幸運の象徴とされており、今も信仰されています。

お菓子業界の陰謀?

「プレゼントを貰ったら何かお返しをしないと」という、ある種の日本人的な感覚から生まれたのがホワイトデーです。

ホワイトデーは、「日本のお菓子業界の陰謀だ」ということで嫌う人もおり、お返しをするにしても面倒だという人は増え続けています。
いつの日からか3倍返しが当たり前のような感覚になり、男女共にあまり楽しめないイベントになってきているのは残念なことです…。

海外にも広がるホワイトデー

日本企業が進出している台湾や韓国など一部のアジアで徐々にホワイトデーの習慣が浸透してきており、年々勢いを増してきています。

韓国では、バレンタインにチョコを貰ってもいない男性がホワイトデーに女性にプレゼントを贈ることもあるようです。
まるで、逆チョコみたいな習慣ですね。

プレゼントを贈るにしても、貰うにしても真摯な気持ちで過ごしたいものです。
新着TALKS
F3_H1y_C1
pooolさん
2017/12/25readmore
F3_H2br_C2
お名前さん
2017/12/17readmore
F2_H2br_C2w
遠田 久素絵さん
2017/12/16readmore
F1_H1y_C3
新規野新規さん
2017/12/12readmore

page top