東京パーティーイベント情報マガジン

東京のパーティー・イベント・街コン・社会人サークル・友達作り・異業種交流会ならハッピースマイルパーティー

facebookmixiameblotwitter

定番のクリスマスソングをまとめて紹介

パーティーコラム2015/11/28
定番のクリスマスソングをまとめて紹介

季節ごとにイメージで

人によって季節ごとにイメージする楽曲は違いますが、定番の曲というものも存在します。
人気の高い曲は耳にする機会も自然と増えるので、自然と歌詞やリズムを覚えたなんてこともあると思います。

昔からの定番の楽曲を聞くと、「あの頃を思い出す…」 なんて人もいるのではないでしょうか?
特にクリスマスソングは定番と言える楽曲が多く、クリスマス気分を高めてくれます。

今回はそんな昔からの定番のクリスマスソングを紹介します。

定番のクリスマスソング

マライア・キャリー / 恋人たちのクリスマス【1994年】

Mariah Carey – All I Want For Christmas Is You

明るくポップな曲調が印象に残るマライア・キャリーの『恋人たちのクリスマス(All I Want for Christmas Is You)』
1994年にリリースされ、以降は日本だけでなく海外でもクリスマスソングの定番入りとなりました。

タイトルは直訳すると“クリスマスに欲しいのはあなただけ”となっており、歌詞もサンタクロースへの願いをうたったものになっています。
そのため、日本語タイトルとは差異があるようです。

世界中の様々なアーティストがカヴァーしており、その影響力の高さが伺えます。

稲垣潤一 / クリスマスキャロルの頃には【1990年】

稲垣潤一& 広瀬香美 / クリスマスキャロルの頃には

1992年に放映されたドラマ「ホームワーク」の主題歌として『クリスマスキャロルの頃には』が起用されました。
倦怠期の恋人同士がクリスマスまで距離を置おこうという切ない歌詞になっています。

日本レコード協会の調査では、約170万枚というミリオンセラーを達成しており、2009年11月には、「稲垣潤一&広瀬香美」名義でデュエット版をリリースしています。

稲垣さんは、「クリスマスの時期になるとこの曲が頻繁に流れて恥ずかしくて、スーパーに買い物にいけない」と漏らしていたことがあるそうで、定番楽曲入りもうれしいやら恥ずかしいやらといった感じなようです。

Wham!(ワム!) / ラスト・クリスマス【1984年】

Wham! – Last Christmas

イギリスの音楽グループ「Wham!(ワム!)」代表作である『ラスト・クリスマス』
クリスマスの失恋をテーマにした楽曲で、現在までに多くのアーティストによってカヴァーされています。

Wham!名義でリリースされましたが、実際にはボーカルのジョージ・マイケルが1人で作詞・作曲や録音も行なっています。

日本の洋楽シングルチャートでは通算30週1位を獲得しており、クリスマスの時期になると現在でもチャートインするほどの人気楽曲。
2007年にはWham!名義で「Last Christmas 2007」をリリースしました。

ジョン・レノン / ハッピー・クリスマス (戦争は終った)【1971年】

John Lennon – Happy Xmas (War Is Over)

1971年にリリースされたジョン・レノンによる名曲のひとつ『ハッピー・クリスマス』は、「永遠に残るクリスマスソングを作りたい」という思いから制作されました。
リリースされた時期はクリスマスよりも一ヶ月早かったこともあってチャートインしませんでしたが、翌年イギリスでリリースされた際には全英4位になりました。

1971年はまだベトナム戦争の最中で、「全ての人が戦争を止めてクリスマスと新年を迎えよう」という反戦メッセージが込められています。

この楽曲もまた多くのアーティストにカヴァーされており、ジョンの死後40年以上経った今でも多くの人に影響を与え続けています。

桑田圭祐 / 白い恋人達

桑田佳祐 – 白い恋人達

桑田佳祐さんの7枚目のシングル『白い恋人達』
2001年にコカコーラのキャンペーンソングとして起用され、冬の定番曲として人気があり、「クリスマス」という単語が歌詞に含まれていないにも関わらず、クリスマスソングとしても人気があります。

MVには、ユースケ・サンタマリアさんとウッチャンナンチャンの内村光良さんが出演されています。
また、MVでは桑田さんがピアノを弾いていますが、実際には妻の原由子さんによるものだとか。

同時発売のアナログ盤は、透明のハート型の変形レコードでキスするカップルが描かれていました。

竹内まりや / すてきなホリデイ

ケンタッキーフライドチキン 公式サイト-TVCM-

竹内まりやさんの『すてきなホリデイ』は、2001年に発売の「Bon Appetit!」に収録されています。
「クーリスマスが今年もやっーてくるー」の歌詞でお馴染みのあの楽曲です。

ケンタッキーフライドチキン(KFC)のCM曲としてもお馴染みで、2000年から現在までの約16年に渡って使用しています。
ケンタッキーのCMのために書き下ろされた楽曲で、歌詞を見ても分かるように、人と人の繋がりの大切さが込められています。

この曲がTV流れることで、クリスマスが来た、この曲といえばケンタッキーといった感じで多くの人々に親しまれており、ケンタッキーにとっても重要な曲になっています。
今年は玉山鉄二さん出演の「パーティバーレル」早期予約特典の告知CMなどに起用されています。

松任谷由実 / 恋人がサンタクロース

松任谷由実 -恋人がサンタクロース (from「日本の恋と、ユーミンと。」)

ユーミンの愛称で知られる松任谷由実さんの代表曲の一つ『恋人がサンタクロース』
1980年にリリースされたアルバム「SURF&SNOW」に収録されており、映画「私をスキーに連れてって」の挿入歌としてもタイアップしました。

ベストアルバム「Neue Musik」では、ファン投票で収録曲を決める企画が開催され、4位に入りました。

リリース後は“子供たちのイベント”として認識されていたクリスマスから、“カップルのイベント”に認識が変わったとも言われているほど影響力がありました。
現在までに多くのアーティストがカヴァーしており、その影響力の高さが伺えます。

なお、シングルカットでのリリースはされていません。

B`z / いつかのメリークリスマス

B’z いつかのメリークリスマス ペプシCM 映像

B`zの中でも人気のある楽曲のひとつ『いつかのメリークリスマス』
1992年に発売されたミニアルバム「FRIENDS」に収録された楽曲のひとつで、当初はファン以外の間ではあまり知られておらず、口コミなどで徐々にその知名度を上げていきました。

1998年に発売されたベストアルバム「B`z The Best “Treasure”」の収録曲を決めるファン投票では6位にランクイン。
また、音楽番組「COUNT DOWN TV」にて行われた「クリスマスに聴きたい歌」アンケートでは、1997年から2006年まで9年連続1位を獲得、その他番組でのアンケートでも必ずランクインし、高い人気を誇っています。

シングル曲ではない楽曲で、ダウンロード配信ではクリスマスシーズンになると再浮上することもあります。

kinkikids(キンキ キッズ) / シンデレラクリスマス

Kinki Kidsがシンデレラ・クリスマスをライブで歌って踊る

1998年に発売されたkinkikids(キンキ キッズ)の『シンデレラクリスマス』
ファンの間で根強い人気があり、アップテンポな曲調と女性の思いが詰まった歌詞に世の中の女性から共感を集め、今や幅広い世代から支持されています。

童話「シンデレラ」のストーリーがベースになっているので、イメージしやすいのも良かったのでしょうね。

コーラスには山下達郎さん竹内まりやさんも参加するほどの豪華っぷり。

結成から20年以上経った今でもファンは多く、シングル曲は35作連続で初登場1位というギネス記録も更新中です。

坂本龍一 / 戦場のメリークリスマス(Merry Christmas Mr.Lawrence)

SMR Live 2012 – オープニング 〜 戦場のメリークリスマス

坂本龍一さん作曲の代表曲のひとつ『戦場のメリークリスマス』は、映画「戦場のメリークリスマス」のテーマ曲で、本来のタイトルは『Merry Christmas Mr.Lawrence』となっており、映画のサウンドトラックでもこのタイトルで収録されています。
シングルカットがされていないにも関わらず、世界的に有名な楽曲で多数のアレンジやカヴァーが発表されているほど。

映画では自身も出演しており、同じく出演者であるビートたけしさんなども出演しています。
この作品をきっかけに国内外の映画の音楽も手がけるようになり、後に映画『ラスト・エンペラー』アカデミー賞を受賞します。

曲だけしか知らないという人は、この冬に一度見てみてはどうでしょう。

記憶に残り続ける定番クリスマスソング

今回紹介したのは定番のクリスマスソングと言われる楽曲の中でも一部で、どの楽曲も記憶に残り続け、今なお多くの人々に影響を与え続けています。
定番クリスマスソングは、クリスマスの時期のカラオケでも大活躍で、最近の楽曲を知らない人でも、定番クリスマスソングなら知っている人が多いので一緒に盛り上がることができます。

最新のクリスマスソングを聴くのも良いですが、定番と呼ばれるクリスマスソングにも良さがあります。
今年のクリスマスは、そんな少し懐かしくもある定番クリスマスソングを聴いて、過ごしてみてはどうでしょう?

パーティ会場案内

page top