欧米のお盆『ハロウィン』

欧米のお盆『ハロウィン』

欧米のお盆

日本の夏には「お盆」がありますが、海外の、特に欧米などキリスト教を信仰する地域の人々の間では「ハロウィン(Halloween)」がお盆にあたります。

ハロウィンは元々数千年前の古代ケルト人の祭りが起源と言われており、1年の終わりを10月31日と定めた古代ケルト人は、その日を「死者の祭」としました。
その日の夜は死者の霊が親族を訪れたり、悪霊が子供たちをさらったり、作物や家畜に傷つけるなどの危害を与えてきました。
そのため、悪霊から身を守るために魔除けの焚き火を焚いていたとされています。

キリスト教では悪霊を追い出し、秋の収穫を祝う祭りとして「聖者( Hallow )」の日あたる11月1日の前日である10月31日をハロウィンの日に定めたと言われています。

「トリック・オア・トリート(Trick or treat.)の由来

ハロウィンといえば、仮装した子供たちが家々を訪ねて、「トリック・オア・トリート(いたずらか、お菓子か)」と子供たちが唱える姿が印象的ですよね。

「トリック・オア・トリート」とお菓子をねだる姿にも由来があり、中世の祭り用の食料をもらって歩いた農民の様子をまねたものだそうです。

他にも説があり、クリスマスの時期、キリスト教が「魂のケーキ」という徘徊する幽霊に食べ物とワインを残す古代の風習に代わるものとして、「ソウリング(souling)」と呼ばれるヨーロッパの習慣から発展したとも言われています。

類似する日本の風習

ローソクもらい

実は日本にもハロウィンに似たような風習があります。
北海道の富良野市や函館市の周辺地域では「ローソクもらい」と呼ばれる習慣があり、毎年7月7日か8月7日に子供たちが家々を訪ねてローソクやお菓子を貰い歩きます。

子供たちは浴衣を着て缶灯籠や提灯を手に、歌いながら各家を訪問します。
近年では安全のために提灯ではなく、マグライトやLEDライトを持たせているようです。

「ローソクもらい」と言われていますが、実際にローソクを渡すと子供たちはやっぱりガッカリしてしまうのでお菓子をあげているそうです。

ねぶた

函館の古い風習が記された「函館風俗書」には七夕の習わしとして、子供たちが灯籠を持ち歩き、笛や太鼓を鳴らし囃し立てて歩くようすが描かれています。

この様子は青森県の「ねぶた」によく似ており、津軽地方では戦前までねぶたの照明はローソクでした。
そのため、照明が消えないようにねぶたをリヤカーに乗せて、ローソクを貰って歩くことが習慣となっていました。
「ローソクもらい」はこれに影響を受けているのではないかと言われています。

日本と海外のハロウィン

日本でのハロウィン

クリスマスと違い、ハロウィンの習慣はクリスマスよりもかなり後になってから認知されてきました。
日本国内ではあまり馴染みがなく、お菓子メーカーのキャンペーンでハロウィンという習慣を知った人も少なくありません。

日本国内ではどちらかというと仮装・コスプレがメインになっており、本来の意味を知っている人は意外と少ないです。

また、子供にお菓子を配るといったこともほとんどなく、独自に変化しています。

海外でのハロウィン

ハロウィンの本場はアメリカですが、世界各国でハロウィンは行われています。
基本的にはアメリカと同じような感じで開催されていますが、ロシアなどではハロウインを禁止している国もあります。

キリスト教に関係した習慣ではないため、キリスト教の中でも意見が分かれており、必ずしもハロウィンが行われている訳ではありません。

ハロウィンの翌日には「諸聖人の日」があり、こちらを重要視しています。
国によっては祝日にしているところもあります。

コスプレしてみませんか?

日本では企業のキャンペーンなどで誰もが知るイベントとなった「ハロウィン」。
大人も楽しめるイベントとして様々なところで取り入れられており、段々と独自の展開を見せるようになっていきました。

とはいえ、“お化けのコスプレ”をするという習慣だけは残っており、普段はあまり売れないコスプレ衣装もハロウィン前になると飛ぶように売れるなど、経済効果も徐々に大きくなってきました。

普段はコスプレなんて恥ずかしいという人も、ハロウィンの日だけでも着てみてはどうでしょう?
新着TALKS
F3_H1y_C1
pooolさん
2017/12/25readmore
F3_H2br_C2
お名前さん
2017/12/17readmore
F2_H2br_C2w
遠田 久素絵さん
2017/12/16readmore
F1_H1y_C3
新規野新規さん
2017/12/12readmore

page top