東京パーティーイベント情報マガジン

東京のパーティー・イベント・街コン・社会人サークル・友達作り・異業種交流会ならハッピースマイルパーティー

facebookmixiameblotwitter

渋滞時の便利アイテム紹介

パーティーコラム2015/4/11
渋滞時の便利アイテム紹介

早めのドライブ計画

ゴールデンウィークやお盆といった長期休暇の時期は何かと人の行き来が多くなる時期です。

2015年3月27日にNEXCO東日本、NEXCO中日本、NEXCO西日本、JB本四高速、日本道路交通情報センターはゴールデンウィーク期間となる「4月25日~5月6日」の高速道路の渋滞予測を発表しました。

発表では、各高速道路の渋滞のピークは下りが5月2日~3日、上りは5月3日~5日。
10km以上の渋滞が起こる回数は、下りは5月2日が45回、5月3日が42回。
上りは5月3日が36回、5月4日が44回、5月5日が50回と予想しています。

自動車で旅行に行く際は、夜間から早朝の渋滞が比較的少ない時間帯を狙ってドライブ計画を立てましょう。

それでも、思いもよらないところで渋滞に巻き込まれるとせっかくの旅行気分も台無しです。
長時間車内にいるとイライラしたり、余計に疲れてしまいます。

そんな長時間の渋滞に巻き込まれた時にあると便利なアイテムを紹介します。

ゴールデンウィーク期間の高速道路における渋滞予測について【全国版】

渋滞時の便利アイテム

携帯トイレ

「携帯トイレ」は定番中の定番アイテムです。
車内でトイレなんて…と思うかも知れませんが、動くことすらままならない渋滞ではトイレに行くことすら厳しいものです。

最終手段としていくつか常備しておくことをオススメします。

座席用クッション

運転席と助手席はあまり身動きができません。
長時間座席に座っていると尾てい骨や太もも回りに体重が重く圧しかかり、疲れが溜まっていきます。

そんな座り疲れをサポートするための「座席用クッション」は非常に助かります。
渋滞以外でも運転による負担を軽減してくれるので日常的に使っても良いでしょう。

ネックピロー

渋滞とはいえ運転席は中々気を抜けず、首や肩にも負担がかかります。
「ネックピロー」を付けることで、首と肩の負担を減らすことができます。

人間の頭は意外に重く、首にはその負荷が常にかかっています。
運転中は特に運転に集中するため、気軽に首を動かしてマッサージをすることができないので、ネックピローで負担を少しでも減らすだけもかなり違います。

特に肩こりが酷い人にオススメです。

インバーター

「インバーター」はシガーソケットから確保できる電力を増幅してくれる装置です。
シガーソケットに差し込むだけで、車の電源(DC12V)を家庭用電源(AC100V)に変換してくれるので、容量の範囲内であれば、一度に複数の電気製品などを使うことができます。

例えば、スマホや携帯ゲーム機の充電をしながら、DVDプレイヤーを見るといったこともできます。

コンセントやUSBハブなど対応しているものもそれぞれ違うので、何を持っていくかに合わせてインバーターを選ぶと良いでしょう。

リアトレイ

食べ物や飲み物を置くスペースは車内にはほぼありません。

「フロントテーブル」「リアトレイ」を設置しておくと車内での食事も快適に過ごせます。
こぼす心配も少なくなるのでテーブルは欲しいところ。

ポータブルプレーヤー

「ポータブルBDプレーヤー」「ポータブル DVD プレーヤー」を車内に持ち込んで、映画やドラマを見ながらなら、長時間の渋滞も気が紛れます。

内臓バッテリーだけでは映画1本分くらいしか使用できないので、出来れば「カー電源アダプター付属」のものがオススメです。

FMトランスミッター

車のお出かけは楽しいですが、ずっと同じ音楽だと飽きてしまいます。
そこで活躍するのが、「FMトランスミッター」です。

シガーソケットに差すだけで、スマホの音楽をカーステレオから流すことが出来ます。
他にもYouTubeやナビアプリの音声案内を再生することができます。
また、トランスミッターにケーブルを繋げばスマホの充電もできて一石二鳥。

最近ではBluetoothで接続できるカーステレオも主流になってきているので、それらを活用するのも良いでしょう。

ポータブル保冷温庫

GWやお盆のなど気温の上がる時期はクーラーボックスだと長時間利用するには少々心配です。
そんな時、「ポータブル保冷温庫」なら安心です。

長時間冷やしたり、温めておくことができるのでドリンクだけでなく、食材などの持ち運ぶ際にも便利です。
シガーソケットでも電源を確保できるタイプなら車に積むこともできるので、長時間運転するトラックの運転手に人気のグッズです。

自宅でも使用できるので無駄にならないのが嬉しいところ。

おやつ

渋滞にハマった時のイライラの軽減方法として手軽なのが食べることです。
普段なら買わないような「おやつ」やジュースなどを予め購入しておき、渋滞に巻き込まれたらつまみましょう。

車内で済ませられる食事も用意しておきたいところです。

ブースターケーブル

渋滞時に一番困るのが“バッテリー上がり”です。
バッテリーが上がってエンジンが掛からなくなると自分達だけでなく、周囲の人に非常に迷惑が掛かります。

「ブースターケーブル」を用意しておけば、路肩に自動車を移動させて、周囲の方に頼んでエンジン再始動&バッテリー充電なども可能です。
ただし、バッテリー性能が極端に下がってる場合は再充電できません。
バッテリーチェックは欠かさない様にしましょう。

できれば予備バッテリーも積んでおきたいところ。

小まめな休憩を

渋滞に巻き込まれないためには、早い時間帯での行動はもちろんですが、ルートを事前に複数計画したり、渋滞情報を確認してから出かけると良いでしょう。

サービスエリアやパーキングエリアを小まめに利用し、ドライバーや同乗者の気分転換をはかることも大事です。
疲れというものは目に見えないものなので休憩は大事。

トイレと自販機程度しかないパーキングエリアなら比較的利用者も少なく、ゆっくりと休憩もとれることでしょう。

今回紹介したことを参考にして旅行に役立てみてください。
【関連タグ】, , ,

パーティ会場案内

page top