東京パーティーイベント情報マガジン

東京のパーティー・イベント・街コン・社会人サークル・友達作り・異業種交流会ならハッピースマイルパーティー

facebookmixiameblotwitter

街コンで失敗しない服装

街コン2015/6/5
街コンで失敗しない服装

街コンにはどんな服装が良いの?

街コンやパーティーなどのイベントに参加する際に気になるのが服装です。
パーティーならドレスコードがあるので多少悩んでも何を着て行けば良いのかが見えてきます。
ですが、ドレスコードの無い街コンでは服装にはかなり悩みます。

街コンでは、ほとんどの人が初対面なので第一印象が非常に大切。
イメージアップのためにもある程度は服装に気をつかう必要があります。

それでは、どんな服装が良いのでしょうか?

第一印象が大切

男性女性に限らず、最も第一印象が良く見える服装はやはり「清潔感」です。
“人は見た目ではない”とは言いますが、日本人は特に第一印象を大切にする傾向があり、ビジネスや面接では重要な要素となっています。

奇抜な服装やブランドもので固めた服装は注目を集めやすいですが、話しかけにくく、あまり良い印象を与えません。
逆に清潔感のあるカジュアルな服装であれば話やすく見え、イメージアップに繋がります。

男性のオススメの服装

男性の「清潔感」を演出する基本として“髭を剃る”ことです。
似合う人にはカッコよく見える髭ですが、清潔感とはほど遠いく、女性から見ると無頓着な人に見えてしまいます。
なので、街コンのような出会いの場では髭は剃ることをオススメします。

次に服装ですが、カジュアルで爽やかな感じを演出できると良いでしょう。
Tシャツや明るい色のシャツ+チノパンやワークパンツがカジュアルに見えてオススメ。
ジャケットやカーディガンもあると良いですね。

ビジュアル系や先の尖った靴、チェーンやゴテゴテなアクセサリーは敬遠する人もいるのでやめておいた方が無難でしょう。
スーツも良いですが、どこか堅苦しく見え、場合によっては浮いて見えます。

全体的にシンプルにまとめ、カジュアルな服装で爽やかな雰囲気を演出してみましょう。

女性のオススメの服装

女性も男性のように清潔感を感じさせるカジュアルな服装がオススメです。

清潔感を演出できる白やパステルカラー系のワンピースにカーディガンがオススメです。
白やパステルカラー系の服は、照明が少し暗いお店でも存在感があり、爽やかで明るい印象になります。

アンサンブルとスカートの組み合わせも定番で、ニットやシフォン素材のトップスにパンツスタイルもカジュアルで話しやすい印象になります。

レギンスやタトゥータイツ、トレンカに男性は色気を感じられないない人が多く、ファッションとしては良くても異性との出会いの場では不向きです。
また、過度なネイルは男性からはあまり清潔に見えないので程々に。

アクセサリーも沢山見に付けるのではなく、シンプルな女性らしいアクセサリーで清潔感や上品な雰囲気を演出できれば、男性に印象付けられます。
ただし、あまりに大きすぎたり、目立ち過ぎるアクセサリーは逆効果になるので身の丈に合ったものを選びましょう。

男女共通のNG

サンダル・クロックス

夏場によく見かけるサンダル
相本が涼しく、蒸し暑い夏場や海やプールなど水辺では最適ですが、街コンやパーティーではラフ過ぎて服装に無頓着な人に見えてしまいます。
また、性格も軽い印象を受けるので、せっかく街コンに参加しても失敗に終わる可能性が高いです。

クロックスも同様のことが言えます。
アウトドア向けの靴なので、出会いの場には最適とは言えません。

半ズボン・短パン

夏場に意外といるのが半ズボン・短パンの人です。
暑いのは分かりますが、半袖だけならまだしも半ズボン・短パンまで履いていると、やはり印象的には軽い人に見え、「自分な真面目で純情な性格です。」と言われても説得力に欠けます。

人は見た目では分からないとはいえ、人は見える部分からその人の印象を受けるものです。
真面目・清楚な雰囲気を出したいのであれば、半ズボン・短パンは避けると良いでしょう。

サングラス

サングラスは自分の目元を隠し、相手にプレッシャーを与えたり、表情を読ませなくします。
相手を余計に緊張させるサングラスや顔を隠すものは外しておきましょう。

できれば街コンには持っていかない方が好ましいです。

通常のメガネであれば自分の顔の印象を変えることができ、相手を余計に緊張させることもないので、アクセサリーとしても伊達メガネはオススメです。
アクセサリーひとつで印象も変わるので、それだけで街コンでの成功率もアップさせることができます。

帽子・ニット帽

夏場の日差しの強い時期、帽子は熱中症対策になるので重宝します。
ですが、室内では帽子などを被ったままの状態はサングラスと同じく相手から顔がよく見えず、不安になってしまいます。

また、冬場にありがちな室内でニット帽を被ったままの状態も軽い印象を受けます。

服装というよりは、”マナー”として室内で帽子やニット帽を被った状態は止めましょう。

身の丈に合ったものを

男女共に、清潔感のあるカジュアルな服装が街コンを成功させる秘訣のひとつと言えます。
街コンや合コン、パーティーでは、第一印象次第でその後の会話のしやすさに影響が出てきます。

とはいえ、皆がみんな同じ服装でなければダメということはありません。
今回紹介したことを頭に入れつつ、自分に似合うものをコーディネートしてみてくださいね。
【関連タグ】, , , ,

パーティ会場案内

page top